スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
最近のmixiで顕著なこと
2009-05-28 Thu 14:38
mixiにはさまざまな低レベルな記事を配信しているニュース会社がはいっていて、特徴として、そのニュースを見たら、それに関したコメント記入することができて、なおかつ、第三者も付随日記(コメント一覧)を見ることができる。

最近、そのコメントがひどいくなっている。

SNSというのを、

・ブログよりも、多くの人に見てもらうことができる

という風に勘違いしている人間が増加したいるのではないだろうか。

確かに、ブログよりも、SNSで注目のニュースに関係したコメントを書いたほうが間違いなく、アクセスは多い。

アクセスが多い。

このことに、一体なんの意味があるのだろうか。

稚拙かつ、人の社会倫理を逆撫でするようなコメント書けば書くほど、SNSではアクセスが多くなる傾向がある。

なんという不健全。なんという自己顕示欲。

SNSが問題なのではなく、SNSという仮にも公然の場で、平気で自己顕示欲を満足させて気持ちがいい人間が増えつつある、現状をしっかり考えなくてはならないだろう。

そういった人間の、数百分の一の人間は、悪意によるコメントに対する反応で満足しきることができず、実際に大きな犯罪を犯して、世間の注目を浴びようとするだろう。

実際に、必要のない、他人が不快になることを理解していながら、コメント等している人間は、今が考える最終期間なのかもしれない。

ネット上だから、何を言ってもいい

ではない。ネット上に何を言っていい、という自分は「リアル」な明確な意思をもっていきている自分自身だ。ネット上の自分はリアルな自分でしかない。バーチャルなんて存在しないのだ。

そういった意味でのみじmixiは、ユニークユーザーが多いだけに、今のネット住人を把握するのに役に立つ部分がある。

スポンサーサイト
別窓 | 現代日本論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<政府、メディアが煽る就農 | BETAの日記 ~ベータの日記~ | 年金新試算 世代間格差が拡大>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。