スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
東京オリンピックなんていらない
2009-09-30 Wed 13:57
東京オリンピックの誘致など今すぐやめて欲しい。そんなことに税金を使ってほしくない。

では、なぜ東京オリンピックを誘致しよう、という人たちがいるのか。

それはその人たちが儲かるからだ。その人たち「だけ」が。

長野オリンピックがいい例だろう。あれで長野の住民が潤ったであろうか。一部の既得権益者しか儲かることはない。

自民党が作ってきた戦後日本の復興の歴史は、
公共事業獲得→民間企業が潤う→賃金上昇、雇用確保→経済成長

という図式だった、と言われている。

確かに、GDPというマクロ数値の上では成長なのだろう。
しかし、国の本当の成長というのは、そういうことなのだろうか。
もちろん、必要な要素ではなるが、どうも、
経済成長=日本の活性
と勘違いしている節はないだろうか。

例えば、現在話題のダム。ダムがその地方の活性のために必要だ、と地元支持政治家がアピールしたりします。では、今まで作られてきたダムの周辺は活性化したのだろうか。

私は活性化とは、最終的には人口が増えることだと思う。実際はどうなのだ。既得権益者が金を得た、というだけ。ダム周辺は過疎化が進んでいる。

今までの自民党政権がやってきた、「間接支援」は、一部の人間が儲かるだけなのだ。
それは、アフリカ支援金、北朝鮮への物資供給等でもわかると思うが、本来手渡しで飢えている人に渡さないとすべての支援物資は上で止まっているのと同じだ。
民主は直接支援の方向で物事を進めている。今までの既得権益者はそりゃ猛反発だ。
マスメディアが悪く言うのは当たり前だろう。

で、東京オリンピック。

小さなイベントの例で言おう。「東京ガールズコレクション」。民間企業のゼイヴェル主催のイベントだが、現在ここには東京都の税金が投入されている。民間企業絡みへの都税導入は初めての例だという。

つまり、東京ガールズコレクションは都の事業となっているのだ。しかし、他の民間事業者は参入することができない。ゼイヴェルの独占状態。

東京都民全員が払っている血税がここにも投入されている。アナタに何が返ってきているだろうか。何が得になっているだろうか。

この拡大版が東京オリンピックと考えればわかりやすい。一般の都民、国民の大多数の人には直接返ってこない血税が一部の企業には具体的な金額として入ってくるのだ。そこで働く社員、関連会社などは全国民の1%にさえ満たないだろう。

同じことが東京マラソン。
だまされてはいけない。本番は更に金が集まる、オリンピックなのだ。
放送権利料が入るマスメディアはこぞって東京オリンピック誘致に躍起になっているが、どの局も具体的に「なぜ、東京でオリンピック?」ということを言えていない。そりゃそうだ。


搾取される側から還元される側へ。小作民だって払った税金分、幸せになる権利はあるのだ。



スポンサーサイト
別窓 | 現在政治論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前原さんだから・・・。この機会に見直してみよう。いままでの日本。 | BETAの日記 ~ベータの日記~ | JR西日本に見る、人間の恐ろしさ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。