スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
五十歩百歩にだまされるな
2009-10-15 Thu 10:34
わずかな差はあるが、大まかに見れば同じであること。

と言う意味で「五十歩百歩」は使われる。
孟子の例えから来た言葉だ。

逃げたことには変わらない。
果たして、本当に変わらないだろうか。
50歩の場所で踏みとどまった人達の死亡率が50%で100歩の人が30%であったら。

これは例えなので、具体的な検証など意味がない。

ここで言いたいのは、

50歩と100歩。そして逃げた、という事実。これだけで人間を判断することはできない、ということだ。
この言葉も本来経済的なことをわからせるために、わかりやすく例えられただけであり、本来は非人間的事柄に当てはめる言葉だ。

しかし、例えば戦争での人間の行動だけに、この言葉が人間の行動に当てはめられることが多い。
そして、この言葉を使う人間の多くは100歩の方であり、自己弁護で使う。

50歩の人間は、その言葉で100歩の人間に巻き込まれて、自己卑下に陥ったり、自分を貶めたりすることもある。

この言葉は人間には使わない(使えない)。

50歩と100歩の人間は絶対に違う。

スポンサーサイト
別窓 | BETA論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<教員の養成課程を計6年に延長 | BETAの日記 ~ベータの日記~ | 前原さんだから・・・。この機会に見直してみよう。いままでの日本。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。