スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
憲法違反ではないの?
2009-10-28 Wed 19:54
自民党の参議院候補選での敗北は、地元の医師会、建築業界、農協等の推薦がなくなって、各団体は自主投票の指示をしたことが原因、と報道されていた。

ん?

職業選択の自由が国民にはあります。宗教、思想の自由も憲法で保障されています。

例えば、所属の役員決定で、「うちは民主党を推薦することに決定しました」との通知をもらったら、部下達にはそれに従わない自由はあるのでしょうか。

選挙で誰にいれるか、と所属している団体の意思とは別個のものであって、団体での推薦を暗黙の了解で強要されているのだとしたら、憲法違反でもあるし、パワハラでもある。

すべて自主投票にしなくてはならないのでは?

推薦=団体票
自主投票=個人票

選挙はすべて個人票なのが当たり前で、有権者個人が政治に参加できる、唯一無二の権利だと思ったのだが。

私の見解では、この推薦制度はあきらかに違憲。もしくはパワハラ。

こういった所に法律のメスが入らないところは、やはり法律というのは権力者が作るもので、自分達に不都合にはならないようになっているんだなぁ、と再確認しました。




スポンサーサイト
別窓 | BETA論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<慶応のミスコン | BETAの日記 ~ベータの日記~ | 教員の養成課程を計6年に延長>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。