スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
円高に対する、マスメディアの対策説明に物申す
2009-12-02 Wed 18:38
円高が進んでいる。原因はユーロとドルが先行き不明、という他力的上昇だ。

これによって、日本の輸出企業がダメージを受ける
→日本不景気
→デフレが進む
→企業の利益が上がらない
→給料減少
→さらに不景気

なので、まずはデフレを止めないといけいない・・・・。

ん?なんで?

これはマクロ経済学で考えるとなんとなく理解はできる。

しかし、それは本当に今の日本の経済に当てはまるのだろうか。

輸出型企業(主にトヨタなど)を優遇、日本国内は公共事業(主に土建屋等)を優遇、
これによって、日本はいままでGDPを維持してきた。

しかし、バブル崩壊後、マックが80円バーガーを出してから、なんとなくデフレがはじまったように見えているが、
この時期から、「平均給与」という数字のマジックに騙されて、実質平民の手取り水準は上がっていない。

なので、次にきたのが、ステップワゴン等のミニワゴンブーム。若い親は家族用に大きな車が購入できなかったからだ。この時既に、若い夫婦が子供を育てるのが難しい状況が生まれていた。

そして、軽自動車へ。理由は石油の高騰、ということになっているが、その石油代をセーブする、というのはつまりお金がない、ということ。

しかし、当時のトヨタは世界1位になっていた。


現在の日本人は層貧民に近いのである。格差社会になっているから、全体の水準が変わらないだけで、統計学の問題であり、コンシューマーサービスは知恵を絞らなくてはならない状況にかなり昔からなっていたのである。

コンシューマーサービス主体だった、ソニーが崩壊。大幅なリストラを余儀無くされた。これがまさに象徴だった。

109ブームがあった。フロアごとに競争させることで、価格、デザインとも質を高めたことが要因だった。
現在好調なユニクロ。利益もしっかり出ている。生産から一貫することで大幅コストダウンに成功した。
ウォールマートの世界流通網を利用している西友は価格破壊を打ち出す。
マックは無料コーヒーと高額セットとのミックスで最高利益をだす。

それによって、消費者は満足。会社も満足。そこに何が問題なのか。

H&M、Forever21、ユニクロでは数百円~1万円以上と、購入者の購入総額はバラバラ。誰でもおしゃれを楽しめるようになった。

円高でも値段の変わらないハーレー、BMW等のバイクは、可処分所得の高い中年以上に好調に売れている。休日のSAのバイクパーキングにはこの2種類とリッターバイクしかないような時もあるぐらいだ。

金がある人は使っているのだ。

一般コンシューマーを相手にしている会社は、そのターゲットをマスで獲得することを考え、工夫を凝らす。王将の客単価は500~600円前後で、決して今言われているデフレ価格でもない。

では、目立つダメ産業はなんだろうか。

■車・・・いままでの流れでおわかりだろう。もう、購入さえできないし、必要なくなったのだ。
■百貨店・・・あの値段に価値を見出せないだけ。銀座の大手百貨店がその箱ごとウォールマートになったら大繁盛するだろう
■一部スーパー・・・農家から店頭までのフードマイレージ、中間会社が多い日本の流通に問題があるだけ。

まだいろいろあるが、結局、さぼっている企業が失敗しているだけなのだ。
デフレなのではなくて、それが日本の水準なのだ。この金額は実質給料対比で見ても、高いわけではない。

ワールドワイドに事業展開をしなければ、本来企業売り上げの底上げなどできるわけもない。そのためには少なくとも英語が必須。敗戦国からいち早くそれに気づいた韓国。未だにしゃべればい日本人。

ただ、それだけの話なのだ。

断言できる。今言われている日本のデフレ的なものを改善しようとすると、間違いなく企業は売り上げが下がるだろう。なぜなら、企業業績が好調でも、企業は社員の給料を上げるのはずっと先だからだ。

オバマ政権の施策のおかげで、トヨタ車のアメリカ内の売り上げが好調だった。アメリカ国内で生産しているのが大部分とはいえ、それでトヨタ内の派遣切問題は改善しただろうか?いや、するわけがない。当たり前だ。

では、なぜ、マスメディアはこぞってデフレを目の敵にするのか。

・マクロ経済学でしか実態経済を見れない、評論家
・平民の気持ちがわからない、高給の番組の作り手、出演者
・マスメディアに数億つぎ込むことができる、市場支配型で細かいマーケット努力をしない、大企業スポンサー群

これらがマスメディアをゆがんだ情報発信源にしている。

平民は平民でしかない。
金持ちは金持ちでしかない。

この構図はほぼ変わらない。権威帝国主義と偽者の資本主義構造のミックスの構造のためだ。
一部のはみ出た平民は巨額の富を得たが、その分、多くの貧民を生んでいる。金の流通量は変わらない。
ブルジョワに影響はない。

なので、企業努力の上での現在のデフレは至極歓迎されるべきであり、これは民主政党が定着して、自民のように、欲まみれの属議員が登場してくるまで、続いてくれるだろう。

これで、努力をする企業がフェアに評価される世の中になってくれればいいが・・・。

そういうわけにはいかないだろうな・・・。

スポンサーサイト
別窓 | BETA論 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「社会人」って、いいネーミングだな、と思った。 | BETAの日記 ~ベータの日記~ | 予算削減「科学立国に逆行」…ノーベル賞学者ら苦言>>
この記事のコメント
日本成長する筈がない
事業仕分けは、如何に日本の官僚が腐敗しているかを明らかにしました。このようなデタラメ行政を行っていては、日本経済だけが落ち込むのも当然です。
しかし、もっと深刻な問題は、文科省と学校がとことん腐敗していることです。
大学が天下り機関に変わり、世界最低にまで堕落しています。教育学部が文科省官僚の天下り機関となり、読み書き計算の指導技術も身に付けない教員を作っています。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関の資格がありません。学習塾や家庭教師が居なければ基礎学力を身に付けさせられない学校教員は、現在の半分の給与さえ受け取る権利が無いですよ。
知識時代に、官僚が教育を腐敗させる国が成長する筈がありません。
文科省官僚こそ、日本社会を衰弱させる悪性腫瘍です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてのイカサマが分かります。絶対に許せません。
事業仕分けで、文科省を廃止すべきでした。
2009-12-02 Wed 19:01 | URL | 大和 #mQop/nM.[ 内容変更]
Re: 日本成長する筈がない
日本の教育がなぜあんなに腐っているのか。
なぜそこには「未来の子供を育てる=日本の未来を作る」という概念がないのか。

それが日本人の本質だと思います。この呪縛から脱するには、更に多くの時間が必要なのでしょう。
2010-02-08 Mon 13:41 | URL | BETA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。