スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「こんにゃくゼリー欠陥なし」遺族の賠償請求を棄却
2010-11-17 Wed 14:09
PL法では、製造業者の製造責任を問うことができる。
で、そうならないように、製造者は注意書きをたくさんしている。

このこんにゃくゼリーは、「凍らせないように」とかなり大きく注意書きがあり、また、お年寄り、子供には注意が必要であることがイラストと文字で明記されていた。

袋だけでなく、個装にも注意書きが明記されており、大変だな~、と思った記憶がある。

責任の所在の意味もわからない消費者がいるのは仕方がない。教育の問題だから。
しかし、政治家が自己アピールのためにこんにゃくゼリーを持ち出すのは許せない。

本来の消費者庁であれば、

「消費者はメーカーの注意書きをしっかり読む義務がある」

ぐらいのことを言わないといけない。この注意書きがあまりにも多くて、消費者が気付かなかった所に重要な内容がある場合は文句言ってもいいが。
しかし、それが政治家という、民衆のリーダーである事実が悲しくなる。


以前も載せた気がするが、窒息事故の順位。ソースはギガジン。

1位:もち(168例)
2位:パン(90例)
3位:ご飯(89例)
4位:すし(41例)
5位:あめ(28例)
6位:だんご(23例)
7位:おかゆ(22例)
8位:流動食(21例)
9位:カップ入りゼリー(11例)
10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例)

スポンサーサイト
別窓 | 現代日本論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はやぶさ イトカワ微粒子確認 | BETAの日記 ~ベータの日記~ | 08059047649と08059047672にご注意を>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。