スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
For Japan?偽善?義援金?不謹慎?
2011-03-17 Thu 11:12
東北地方太平洋沖地震におきまして被災された方、そのご家族・関係者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

現在ネットでは、なんか通常の活動をすると不謹慎扱いされる人の不満があったり、募金する人間に対して、「偽善だ!」となったり、そしてのそういった人をまた更に誹謗中傷したり、といろいろある。

こういった意見が飛び交うのは、そもそも視点が違うために起きていることであることに気づけば、主張が誹謗中傷へと変わることは本来ないはずなのだ。

「偽善だ!」という人。
「偽善でも、救われる人がいるなら善」という人。

根本的に見ているところが違う。

誰もが他人であっても目の前の倒れている人がいて、自分が少なからず助ける力があると仮定したら助けることに躊躇する人は少ないだろう。これは「(個人の)行為」の問題で、後者の主張にあたる。

そして前者の主張。これは行為ではなく、「(社会としての)人となり」を指したいのだ。

例として、サッカーのワールドカップを考えてみると、

個人の行為主義派の人は
「普段確かにサッカーに金は使っていない。でも、日本代表チームは応援が多い方が絶対うれしいはずだ」
もちろん、応援人数が多い方がうれしいに違いない。

ソーシャルコミュニティとしての人となりに意義を唱える人は
「普段からサッカー業界に貢献していれば、もっといろいろな選手にチャンスがいって、業界全体が盛り上がれば、日本代表も強くなるのに。こんな時だけ盛り上がるなんて、日本代表のため、といっても自分が盛り上がりたいだけで、無責任だ」
もちろん、無償の行為などはほとんど存在しないため、なにかしらの効用を得ようとする行動に間違いなないのだが、その対象がサッカー業界か、といったら日本代表であることに間違いはない。


それでは、現実東京近郊で起こっていることを社会現象として見てみよう。

①寄付をしようという運動が起き、多くの会社が義援金を集める。有名人も寄付
②節電に皆努めている
③神奈川、東京、千葉ではガソリンスタンドに長蛇の列。ガソリンの買い占め行動が起き、そのために物流が遅延
④スーパーでは生活品、パン、米、乾麺等の買い占めが起き、棚は空っぽ。
⑤ネットではチェーンメール、知識のない人間の放射能恐怖デマが飛び、人々の不安を煽る


個人行動主観で話せば、
・私は(もしくは◯◯さんは)③~⑤はやっていないぞ!
・③~⑤に当てはまる部分もあるが、①~②の行為に問題はないはずだ!
→サッカー日本代表を心の底から全力で応援

社会主観で話せば、
・身勝手な行動が結局、被災地の人だけでなく、通常の生活を送りたい東京近郊に人々にも不具合を与えている!
→日本代表のそもそも所属する日本サッカー業界全体を考えないのはいかがなものか

となる。これは議論になるはずもない。


私個人的意見で言わせていただければ、どちらでもいい。そもそも日本人はそういう人種だと思っているからだ。
日本人の価値基準に「個人の善」は少ない。周辺の行動に合わせる、世間の目を気にすることが結果的に善行につながっているだけなので、行動主張に対して個人の理念があることが少なく、「みんなが」とか
、「常識的に」最近では「伝統的に」という答えてが帰ってくることが多いのが特徴であるからだ。

なので、東京のこういった社会的害になるパニック行動も、所謂、個人が心を本気で悩ませて善行と信じて行うことも、両方とも日本人の特徴であり、この矛盾が日本人の強さでもあったりする。


なので、リバタリアンとしても、コミュニタリアンとしても未熟であるが、いいとこ取り的な日本人の行動は、報道によっては海外では勘違いされると思うが、ここは日本人同士。非難する前に、一度俯瞰して付随行動を考察してみるの社会を理解するきっかけになるかも。


※いろいろ具体的事案を例にあげ検証したいのだが、長文になるので、ここまで。

スポンサーサイト
別窓 | 現代日本論 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<For Japan | BETAの日記 ~ベータの日記~ | ついにキター!陽光都市開発が業務停止処分>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| BETAの日記 ~ベータの日記~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。